「センゴク」の第3巻がでた。
世間一般でこのコミックがどのくらいの評価を受けているのかわからないが、いま私が一番楽しみにしているコミックのひとつだ。

3巻の舞台は史上最大の撤退戦”金ヶ崎の退き口”。
合戦ものというと攻撃的な部分のみクローズアップされるが、本当に重要なのは負けたときに見方の被害を最小に食い止めるということかもしれない。

負けが濃厚となり真っ先に逃げようとしていた仙石権兵衛ら木下隊に 信長より「しんがり部隊」を命じられる。そのまま金ヶ崎に残留し、全軍が安全圏に撤退するまで敵の追撃をくい止め全滅する役割だ。
”死ぬ”役割の中で、彼らはそれぞれ”生きる”理由を見つけてゆく。

恐怖の撤退戦の中、まとまりがなくなったときに、秀吉が命じた”地獄の食事作法”の話も面白い。このエピソードの後、再び隊はまとまってゆく…。

今回の表紙は木下藤吉郎秀吉。帯には”史上最も淫蕩にして、最も難解な男”という紹介がされている。スケベでセコイようで、実は物事を深く考え、自分よりも相手を気遣う。この物語の秀吉は間違いなくカッコいい。

誌上では撤退戦は終了し、舞台は姉ヶ崎合戦へ。目が離せない。

センゴク 3 (3)
宮下 英樹


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


「センゴク」1、2巻の紹介へ

センゴク 1 (1)
宮下 英樹

講談社
2004-11-05
売り上げランキング 1,489

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


センゴク 2 (2)
宮下 英樹


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools