英語の発音って難しいですよね。以前仕事でドイツ人のプレゼンを聞いたことがあるのですが、同時にプレゼンをした英国人に比べると格段に聞きにくく、「英語と近いドイツ語が母国語のドイツ人の発音でも聞きにくいのだから自分の英語はどのように聞こえているのだろう?」と思いました。その後、英語発音の矯正学校にしばらく通ったのですが、子音の発音などそれまであまり気にしなかった部分が重要で、日本語発音では通じないことがわかりました。最近は英会話学習で、ヒアリング以前に発音が重要であるという声も多く、英語・発音・語彙30音でマスターする英会話というHPが有名です。
今回購入したオバケの英語は発音矯正本ですが非常にわかりやすくかつ面白いです。
発音の参考書は
 〆戮く口の中の絵を描くタイプ
 ▲タカナなどで済まそうとするタイプ
 とにかくまねろと強要するタイプ
などがありますが、この本はそのどれでもありません。
非常にシンプルな表現で的確にそれぞれの音を示しています。シンプルだからこそわかりやすく、定着します(ゴマを使った表現はわかりやすいです)。当然ながらCDも付属しています。

また、この本の特徴は全編がひとつのストーリーになっていることです。しかも面白くて考えさせられるものです。ちょっと感動的でさえありました。
発音だけではなく、英語を学ぶ目的まで考えさせられる本でした。

オバケの英語
4796641351明川 哲也 クレイグ ステファン


おすすめ平均 star
star内容はとても参考になる
star面白い!! 役に立つ
star革命的な英語の発音強制テキスト!
starほんとにおもしろい画期的
star革命的、目からウロコ、もっとはやくに出会いたかった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools