「GTDそしてLife Hacksが面白い」でGTDを紹介しました。  

 GTDの原点である「仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法」
ではabc順のファイリング法や Tickler Fileが紹介されていますが、超整理法も捨てがたい・・・と思っていたところタイミング良く本屋で新刊本を見つけました。

 「魔法のように片づく!見つかる!ファイルの技術」です。

 この本で紹介されている「WI(ダブルインデックス)式」は   
   時間軸で整理する「超整理法(野口式)」と   
   50音順で整理する「山根式・袋ファイリング」を あわせて
更に見出しインデックスを2箇所にするというアイデアを加えたものです。

 大まかな流れは以下のとおり
  1.資料を仕事単位で角型2号封筒に放り込む
  2.封筒にインデックスをつける(メインとサブの2つ)  
  3.机の上に立てて並べる  
  4.資料の使用後は左端に入れる  
  5.一定期間が過ぎると右端に使用頻度の低いファイルが来る。  
  6.右端のファイルを「捨てる」か「保管する」かを検討  
  7.保管する場合はそのままメインインデックスの50音順で並べる。

 3〜6は超整理法ですが、その後保管する場合は山根式という流れです。

  これならば使用頻度の高いファイルも、保管ファイル も簡単に見つかりますし、なんといっても流れができているので頭を使わずに機械的にファイリング作業ができます。(頭はもっと大事なことに使いたいですよね)

  今日、帰宅途中で御徳用の2号封筒の束とブックエンドを買ってきました。 早速明日からチャレンジしたいと思います。

魔法のように片づく!見つかる!ファイルの技術
4883994740刑部 恒男

すばる舎 2005-08
売り上げランキング : 188,133


Amazonで詳しく見る
by G-Tools