プラネタリウムか・・・

私にとってプラネタリウムというと、渋谷の「天文博物館 五島プラネタリウム」でした。小学生の頃はよく両親に連れて行ってもったものです。駅前の東急文化会館の8階にあって、ビルの上の半球はハチ公と並ぶ当時の渋谷名物でした。ドームの中央にはエイリアンか巨大な蟻のような装置があって子供の頃は怖かったものです。満天の星空のなかで緑色の矢印をつかっての説明は懐かしいです。天文博物館をなのるとおり、天文関係の資料や展示も多くありました。星座の説明のためだったと思うのですがサソリの標本があったことを覚えています。

奥さんとも結婚前に行きました。上映が始まると館内は真っ暗になり、空には満点の星空。デートスポットとしても貴重でしたね。

平成13年に閉館してしまったのは残念。今は都内でプラネタリウムというと、池袋のサンシャインシティでしょうか・・・。お台場のソニー・エクスプローラサイエンス内にもありますね。

さて、そんなプラネタリウムが なんと雑誌の付録になってしまうのだそうです。すごい時代ですね。

大人の科学マガジン09号 究極のピンホール式プラネタリウム
 『大人の科学マガジン』第9弾のふろくは、「ピンホール式プラネタリウム」。大人の科学編集部は、世界で最も先進的なプラネタリウム・メガスターを開発したプラネタリウムクリエイター大平貴之氏と3年ほど前より、新しいプラネタリウムの企画検討を進めてきた。それが、今回JAXA(宇宙航空研究開発機構)「宇宙オープンラボ」のバックアップの元、かつてない星空を映し出すピンホール式プラネタリウムが完成した。正十二面 体の恒星球には、7等星以上、約10000個の恒星データがプロットされている。恒星球の傾きと回転により、好きな場所、好きなの日、好きな時間の星空を投影できる(北半球のみ)。もちろん、これまでのふろく同様、組み立てキットになっている。さらに本誌では、さまざまな改造も紹介しているので、オリジナルへのカスタマイズが可能だ。自分の部屋が星に満たされる感動を、ぜひ味わってほしい。


上記のページに行くと実際に部屋の中で投影した写真が掲載されています。子供と一緒に眺めるのもよし、インテリアとしても面白いかもしれませんね。

プラネタリウム関連リンク
 しぶてん:五島プラネタリウムの天文普及活動を受け継ぐ団体
 Go! Planetarium:全国のプラネタリウムを紹介(こんなにあるのか!)

私が購入し、組み立てた状況の報告記事


 9/26発売予定(9/18現在Amazon予約受付中)
大人の科学マガジン9
4056041865大人の科学マガジン編集部

学習研究社 2005-09-26
売り上げランキング : 29


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 スターシルバー
B0009F2CR0
セガトイズ
売り上げランキング : 191

おすすめ平均star
star天井が消滅する
star星好きは絶対買いでしょう
star家庭でも気軽にプラネタリウムを楽しみたい貴方に☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools