「英語耳」トレーニング
英語を、日本語を聞くのと同じように楽に聞き取れるようになりたい方のためのセミナーです。英語の音は、実は約9割が日本人にはなじみがない音。正しい音を知り、それを発音できるようになる「英語耳」を身につけることが、リスニング力向上のカギとなります。本セミナーでは、ベストセラー『英語耳』(アスキー刊)著者が、個別発音指導やデモを通して、著書では伝わりにくい発音の原理を理解いただけます。ご自分に合った学習プランを見つけるためにもお役立てください。


PCの不調もあり、報告まで間が空いてしまいましたが、先週の土曜(11/5)に「英語耳」のセミナーに参加してきました。

渋谷から京王井の頭線に乗り換え、「永福町」で下車。ちょっと線路沿いに歩いたところにある「アルク」(英語の通信教育で有名)の本社が会場。セミナー開始40分前に到着したところ ロビーは開場を待つ人ですでに一杯。30分前に開場となり地下のホールへ入った。

ホールに入り見やすい席をゲット。机に置かれた資料を確認した。「英語耳」「英語耳ドリル」のエッセンスをまとめたもので、よくまとまっていて見やすいと思った。

最初のセッションは「英語耳に至る道のり」ということで英語発音の特徴や 英語取得ROADMAPを学んだ。松澤先生のROADMAPでは初めに発音を学ぶ。その後リスニング・シャドウイングをしながらペーパーバックを多読してゴールを目指す。

このゴールがすごい。5年後の目標として
 ・リスニングが100%わかる。
 ・発音は一発で通じる正確なもの。
 ・話すスピード以上で英語を読める。
 ・日本語と同じ表現力で書ける。
 ・語彙は20,000語をマスター

今までの英語学習(中学から初めて何年学校で勉強したか・・・)を考えると、5年でこの目標は尋常なものではないともおもえたが、どうせ勉強するのならば大きな目標を決めたほうが良いので、そのまま私の目標とすることにした。

セッションは進み、「子音」のトレーニングへ。先生がポイントを示した後、先生の見本に続いて全員で復唱。「ん〜 小さいですね。もっと強く!!」英語の子音の発音は日本語と異なり非常に強い。 最後に[s]と[∫]を含んだ早口言葉「She sells seashells by the seashore.・・・」を皆で練習し、休憩となった。

この早口言葉については休憩時間を使用して松澤先生が巡回し、全員の発音を聞いてコメントをしてくれた。一人あたり2〜30秒ではあるが、濃い30秒だったと思う。参加者全員(100人が定員だったがもっといたような気がする)をまわる先生は セミナーを通じて休憩無しで指導してくださった。ありがたい。

休憩後は「母音」のトレーニング。英語は日本語と比べて母音が多く、なかなか全てを身につけるのは難しい。一つ一つの発音を説明し、皆で復唱をしながら、進んでゆく。ここで「区別して発音できるようになれば、ネイティブは判別してくれますから・・・」とのアドバイス。それぞれをネイティブとまったく同じに発音するのは難しい。まずは、混ざらないように意識して発音すればネイティブは理解してくれるというのだ。この説明には救われたし実践的なコメントだと思う。私はアメリカ人になりたいのではない。英語でコミュニケーションできるようになりたいのだ。(最終的にはネイティブ同様の発音がしたいのは当然)

その後、松澤先生の看板である「Parrot's law」(歌を使った発音トレーニング)の解説を経て、「セミナー後の勉強の仕方のアドバイス」へ。語彙の増やし方、辞書の選び方、多読の進め方など 至れり尽くせりだった。

やはり、ライブでのセミナーは短時間であってもエッセンスを吸収できるし、モチベーションがあがる。帰宅時から早速 iPodで「英語耳ドリル」の「Fly Me To The Moon」を聞き始めた。(先生の2冊の本はすでに持っていたのだが、どうも この曲がダサく思えて、始められないでいたのだ。しかし、今回のセミナーで”何故 この曲が初めの一曲として優れているかを理解することができた。その後 1日10回のペースで聞いているのですでに70回は聞いているが、だんだん好きになってきて今は楽しんで聞いている。)

セミナーでのお話では、ALCは今後も松澤先生のセミナーを企画してゆくとのこと。また、先生のホームページでは来年春にも再度開催の計画が出ているようなので、英語に興味がある方にはお薦めしたい。私もモチベーション維持のためにも是非参加したいと思う。

最後に休憩無しで熱心に講義をしてくださった松澤先生、たったの4000円でこんなに充実したセミナーを提供してくださったALC様 ありがとうございました。

英語耳 発音ができるとリスニングができる
4756145272松澤 喜好


おすすめ平均 star
star発音記号が…
star、、、といった感じ、、、という表現が多い
star顔の下半分が痛いけど、楽しく続けられそうです。
star目からウロコ
star発音とリスニングの関係についての記述はよい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


松澤先生のHPによると まったくの初心者でなければ こちらの「英語耳ドリル」から始めるのがお薦めとのこと
英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスター
4756146015松澤 喜好


おすすめ平均 star
star英語耳って何だろう
star次の第三作に期待
star洋楽で発音をマスター
star知らない音は聞き取れない
star単音でなく全体として

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連ページ
 英語・発音・語彙:松澤先生のHP
 30音でマスターする英会話:これまた定番HP DVDが有名
 ジングルズ:本も有名

(11/13追記)
 松澤先生のHPの掲示板に書き込みをしたところ、来年6月にもう一度行うことになりそうとのレスをいただきました。興味のある方は要チェックですね。

(06/3/12追記)
 松澤先生の新刊。TOEIC対策と英語耳トレーニングが同時にできてしまう本です。

闘耳
闘耳松澤 喜好

ダイヤモンド社 2006-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools