丸善丸の内店で始めてこの本を見つけたときの印象は、「また、宝地図の亜流か・・・」というもので、その後もすぐにはこの本は購入しなかった。
ただ、なんとなく気になったのでアマゾンのレビューを見ると著者はこの方法を以前から提唱してきたという。

著者は一級建築士の資格を持つ建築家で、現在は学校などの建築を手がけるほかに、教育畑、医療畑でも活躍されている。
建築家はそれぞれが作品の写真などをまとめたファイル(ポートフォリオ)をもっている。われわれが建築家と会ったとき、その人の力を知るためには過去の作品を見せてもらう必要がある。しかし、各地に点々としているであろう建物を見るわけにも行かない。こんなときにファイルが力を発揮するというのだ。
(ポートフォリオは過去を保存するためのアルバムではなく、未来につなげるためのものであるところがミソ)

この"ポートフォリオ"を万人向けの夢実現ツールに発展させたものが”夢ファイル”である。

1冊のファイルを用意し、「好きなもの」「思い出の品」「関心のあるもの」などをファイルしてゆく。その中で自分を知り、自分が好きになり、自信がわいてくる。
これだけでも素晴らしいと思うが、「夢ファイル」ではそれにとどまらない。
夢を見つけ、確定してファイルしたら、夢に関するもの、夢実現の途中で手に入れたものなどを更にファイルしてゆく。
過去から未来へのナビゲートシステムとして非常に面白いと思った。

概念がシンプル(優れた方法は普通シンプルである)であることもあるが、この本は非常に良くまとまっており読みやすい。巻頭にまとめのシートがあるので全体の流れも簡単に把握できる。

私は先日部屋の掃除をしたときにファイルを2冊用意して取り掛かった。
 1冊は重要な書類をまとめる用。保険証書やら契約書やらをファイル。
 もう1冊は夢ファイル。特許取得時の表彰状や武道の段位認定書(サイズが合わないので縮小コピーを入れた。)などなど。

情報を一箇所にまとめるって本当にすごい力があると思う。
重要書類がある場所がわかっていることはいざというときに役に立つ(というか、ある場所がわからなかったら役に立たない)。
夢が一箇所にまとまっていれば、いつでも見直して力をもらうことができる。新しい思い出を発掘したときもすぐに追加できるし、夢実現のための情報や途中成果もどんどん足してゆきたい。

私の”夢ファイル”と一緒に夢も育ってゆくのだと思う。

P.S.
 私は宝地図を作って壁に貼っている。
 2月に1日セミナーに参加して作ったものだが、
 本当に良かった。(別の記事を書く予定)
 いろいろな情報を宝地図に追加してゆく方法もあるのだが、
 スペースにも限りがあるので私は”夢ファイル”を併用してゆこうと思う。

・リンク
  ・著者のHP

自分が好きになる 自信がわく 願いがかなう 夢ファイル
自分が好きになる 自信がわく 願いがかなう 夢ファイル鈴木 敏恵


おすすめ平均 star
star夢・願望実現の極意の一つ。
star夢を叶える具体的な方法に納得!
star図と説明がわかりやすい
star仕事に役に立ちました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幸せな宝地図であなたの夢がかなう (ゴマ文庫 (G014J))
幸せな宝地図であなたの夢がかなう (ゴマ文庫 (G014J))望月 俊孝


おすすめ平均 star
starいいですが
star私も実践している。
star文庫になってうれしい!
star人生をマジで生きよう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools