私が高校生だったころ、教科書を読んでその文章の和訳を教わるというのが一般的な「英語の授業」の形だった。定期試験は教科書の文章がそのまま出て、穴埋めをしたり訳したりする形式。つまり、教科書の文章さえ解ればそれなりの点は取れた。しかし、ただわけも解らず暗記をするという英語の勉強は正直なところ嫌いだった。

 英語が好きになったのは浪人して予備校で勉強をしてからだ。当時、「代ゼミ」に鬼塚先生という講師がいて、友人に紹介されてその講義を受けた。英語を記号化して、左から右に読む。帰り読みをしない。どのようにして主語を見つけるのか、どのようにして構文を捕らえてゆくのか明確に解説されていて衝撃を受けた。

 大学は理系に進んだが、修士課程で論文を読んだり書いたりしたときには、変な話だが「あの時浪人して英語を習っといて良かった」と思ったものだ。高校で習った「英語」では初めて見る文を読めるようになる人は才能のあるごく一部だと思う。

 今回紹介するどんな英語も絶対読める!びっくり英読法はやはり予備校講師の神部康弘先生によるものだが、受験生よりも一般向けに書かれているようだ。対話形式で説明が進められ、要点は図解されている。解説の後で「確認ドリル」があり、実際の英文を訳してゆくのだが、この英文は「English Zone」から抜き出したネイティブが使う生の英語が用いられている。(私が今回この本を読んだのは以前学んだ内容の確認をしたかったのと、この生の英語の読解に興味があったからです。)

 英語を「なんとなく」読んでいて、意味が良くわからなくなってしまう方。昔学んだ内容を復習してみたい方にはお薦めです。

どんな英語も絶対読める!びっくり英読法
4806120006神戸 康弘


おすすめ平均 star
star苦もなく全部読めました
starすばらしい
starお勧め!!!
star斬新な本
star内容はしっかりしています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




受験生向きですが体系的。2や英文法版もあり

超・英文解釈マニュアル―学校で絶対教えてくれない

こちらも定番

ビジュアル英文解釈 (Part1)

ビジュアル英文解釈 (Part2)

こちらは帰り読みですが、良い本です。すごく細かいところに目が届くようになる

英語リーディング教本―基本からわかる