以前書いた記事「成功法「メンタル・バンク」のご先祖様?」 にトラックバックをいただいた。クリックしてみると「なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?」のマインドマップがあるではないか!!。解りやすい!!

 トラックバックをしてくださったkenさんはHPを中心にblogPukiWikiでマインドマップなどを紹介されている。じつは、私自身、マインドマップなしでは仕事ができない状態なのだが、使い始めた初期にはかなりkenさんのHPを参考にさせていただいた。

 マインドマップがどのようなものかについてはkenさんのHPを見ていただくとして、私がマインドマップをよく使う場面を挙げておきたい。

1.急ぎの報告
 トラブルが発生して急いで報告しなければならない場合。考えをまとめながら解りやすい資料をつくることができる。解る文章を作るのはどうしても時間がかかるが、マインドマップを使えばはるかに短時間でわかりやすい資料を作ることが可能。
マインドマップを始めてみる人は、いきなり提出されると面食らうようだが、説明をされるとわかりやすいので納得してくれる。相手の興味に応じて必要な部分を説明することができることも利点。(納得してくれた後で、大抵マインドマップ自体について質問される)

2.プレゼンテーション
 構成を練るのにも使用するが、プレゼンテーションの最初に全体のマインドマップを見せる。そこで簡単に説明をしておくと、各論に入ったときに理解してもらいやすい。(後述するが、わたしはマインドマップ作成にMindManager というソフトを使用している。簡単に綺麗なマインドマップを作れるのだが、これでプレゼンテーションのシートをつくると大抵の人は逆に非常に手のかかったプレゼンだと思うようだ。実際はすごく簡単。)

3.メモ
 客先を訪問してメモをとる場合、手書きでマインドマップを描く。話が変な方向に進んでも問題なくメモをとることができる。(資料への書き込み6、マインドマップ4くらいの割合。)あとで読み返す際にもイメージが浮かびやすい。

4.議事録
 会社に議事録のフォーマットがあるので公式な議事録はそちらで取るが、社内の内輪の打ち合わせではプロジェクタ上でマインドマップを作成しながら打ち合わせることもある。→そのまま議事録にする。ただ、マインドマップになれていない人、会議に出席していない人にはかえってわかりにくいかもしれない。

5.アイデア
 計画を練ったり、アイデアをひねるときに使う。場所を変えたり、関連づけたりしていて新たなアイデアが出てくることは多い。

6.まとめ
 業務内容などを自分のためにまとめておくときに使用している。マインドマップを使ってまとめをしていると、書きながらいろいろ考えられるので漏れが少ない。文章で書こうと思うと、そちらにパワーを使ってしまって、漏れが出てしまうことがある。


と、いうように色々な場面でマインドマップを使用している。万一、使うなといわれたら・・・困るなぁ。

さて、最後にマインドマップ関係の本と関連HPを紹介しておきます。


ザ・マインドマップ
4478760993トニー・ブザン 神田 昌典


おすすめ平均 star
star激辛?
starきこの本とは、もはや完全に別物と言っていいっす。
starいまさら
starやっぱり本物は違う!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



頭がよくなる本
4489005261トニー ブザン Tony Buzan 佐藤 哲


おすすめ平均 star
star頭脳地図の理論的根拠を示す本
star実践が重要
starパソコンで実践
star頭脳地図(マインドマップ)に助けられた大学院生活。
star教育の改革の必要性?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 理論や色々な用途が解説されている。

記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術
4894511991ウィリアム・リード


おすすめ平均 star
starマインドマップの基本は一通り把握できる
starわくわくする本!
starマインドマップの基本を学ぶには最適な本
star入門書としてもお勧めです
starマインドマップのイメージが理解できました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ソフト
MindManager
ちょっと個人で購入するには高いけど十分その価値はあると思う。私にとってはOfficeと同じくらい重要なソフト。使っているのはMindManager2002 Business Editionという一つ前のバージョンです。(この記事を書くために久しぶりに色々なHPを見て急激に新Ver.のMindManagerX5 Proが欲しくなってきました。)購入はこちらから行いましたがこちらからも購入できるようです。体験版もあり。

FreeMind
 私は使用していませんがFreeのJAVAソフトだそうですGon's BLOGさんに記事あり。


HP,ブログ
 今回の記事で紹介した以外にも、フォトリーディング関係のサイトに多くのマインドマップがのっています。フォトリーディングは一種の速読法ですがテクニックの中にマインドマップを含んでおり、本の内容をマインドマップを使ってまとめるようです。



P.S.ワシがブログをはじめたのは、不足している文章力を鍛えるためもあるので、ブログ内ではマインドマップは使用していません。記事を書くときもマインドマップで下書きした方がまとまった文章を書けると思うのですが、練習だと思っていきなり打ち込んでいます。