”人間は考える葦である”と大昔の偉い人は言ったそうです。
考えるということはそれくらい重要なことですが、我々がものを考えるときには結構落とし穴にはまってしまうことが多いようです。

同級生で頭のよい子供が魚が大好きだとします。
→自分も魚を食べれば頭がよくなる?

 よくありがちな話ですが、頭がよい原因は遺伝かもしれないし、環境かもしれない。ほかの食事かもしれません。
もっとも簡単でありながら実際には日常的によくはまっている落とし穴のひとつですね。
わしも、しょっちゅう…。

これらの落とし穴についてわかりやすくて面白い本があるので紹介します。
クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法
476282139X道田 泰司 宮元 博章


おすすめ平均 star
star最良の入門書
star違和感なし!ここまではまるとある意味すごい
star違う世界が見えてきます
star見た目で判断しないように
star取っ付き易いクリティカルシンキング

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



クリティカル・シンキングというのは落とし穴にはまらない思考法のことです。
表紙を見てわかるように、あの「OL進化論」をつかってクリティカル・シンキングについて説明してる本です。
心理学の先生が書かれているのですが、4コマ漫画の中から題材をとっているので親しみやすくわかりやすい。
1年以上前に買いましたが時々読み返しています。

最初の話は簡単な例ですが落とし穴にはまらないためには、
 経験者は正しいのか? 
 根拠としている常識は一般の常識なのか? 
 専門家の意見だから信じてよいのか? 
 偏ったサンプルを元に話をしてよいのか? 
 先入観に会う事実を無意識に見つけ出していないか? 
など注意しなければならないことが多くあることがまとれまれています。

1回読み終えると、漫画の部分を見るだけで内容が思い起こされ復習ができ、長く読める本です。

クリティカルシンキングの関連の記事はこちら