今週、出張の帰宅途中に大型書店に寄ったときなぜ、「頑張っている人」ほどうまくいかないのか?を購入しました。
成功法の書籍はいろいろ読んでいるのですが、大抵は”成功した状態をイメージする””プラス思考になる””アファメーションを唱えたり書いたりする”などに当てはまるかその変形です。しかし、この本で紹介されている方法はちょっと毛色が違うようです。
この方法は「メンタル・バンク・コンセプト」と呼ばれ心理セラピストであるジョン・キャパス博士によって開発されたもの。なぜ、「頑張っている人」ほどうまくいかないのか?はジョン・キャパス博士の著書の和訳本です。
さて、その内容なのですが、
   1.契約書を作る
   2.対価活動をリストアップ
   3.毎日寝る前にメンタル・バンク・シートに記入する。
という形です。
1.は自分との契約であり目標設定を書き換えることについての宣言文のようなものです。
2.では目標達成に有益な日々の行動をリストアップし、それぞれの行動について時給を決めます。
3.で毎日の行動を金額換算してゆきます。

この繰り返しで、潜在意識にしみこんだプログラムを書き換え成功しようと言うことのようなのですが、いまいちピンときません。
大体の流れはわかるのですが細かいところがしっくり行かないので、Amazonで検索してメンタル・バンクでいつも幸せな人になる―夢が短期間で実現する、毎日が楽しくなる、カンが冴える、健康になるを発注しました。
そちらのほうを読んでみて役に立ちそうであれば取り入れてみたいと思っています。
もし、メンタル・バンクについて情報、感想お持ちの方がいらっしゃいましたらコメント・トラックバックしていただけると幸いです。

なぜ、「頑張っている人」ほどうまくいかないのか?


メンタル・バンクでいつも幸せな人になる―夢が短期間で実現する、毎日が楽しくなる、カンが冴える、健康になる

クリック!!→メンタル・バンク・コンセプト関係の過去ログへ