自己実現寺

自己実現関係ブログです。自己実現の記録、本・情報の紹介など。夢・願望を実現し豊かな人生を開拓しましょう!

自己実現

「夢をかなえるゾウ」ドラマ化 ゲーム化

最近書店を歩いていて昔見たことのある光景を見た。

デジャブーとかいうやつだろうか、去年夏ごろに買ったはずの本が山積みになってる・・・。いや、あの頃はなんか片隅にあったはずなのに、コーナーまでできてる。

なんか 落書きみたいなゾウさんの絵がかいてある表紙に、「2008年、TVドラマになんねんて」の文字。
「なに〜!!」
びっくりしました。著者の水野氏のHPを見たところドラマ化はおろかゲーム化そして第二弾の話まであるんだとか
ファンとして嬉しく思いました。

BAD LUCKも面白くって 結末はホロッとさせながら考えさせられる一冊だったけど、
「夢をかなえるゾウ」はとにかく笑えます。
  役に立つかどうかは知らんが笑える。
 
成功本のエッセンスみたいなことがちりばめられているけど、面白いから何度も読める。読むたびに実行できていない自分に気づかされ、少しずつでも実行する。

去年夏ごろにでて、面白いけど売れないのねと思っていた本が大ブレーク。
ドラマ化+ゲーム化 そして第二弾 めちゃくちゃ期待してます。
だって、笑えるから。


公式ページ
著者ブログ


夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ水野敬也


おすすめ平均 star
star良くも悪くも水野敬也氏の作品
starお久しぶり!
star特別なことは書いていない
star最高!
star夢をかなえるってどういうことか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アマゾンの書評にもいろいろあるけど、私は大好き。
少なくとも「good luck」より面白いし役に立つ。
バッドラック
バッドラック水野 敬也


おすすめ平均 star
star処女作完成度低すぎ
starもう一つの理想の成功法則書
starバッドラック
star笑いに笑った後、人生観が変わってしまう本
starスベろうが、サムかろうが、POPに楽しくいこうってこと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




「ファシリテーション・グラフィック」で議論を見える化する

Amazon.co.jp: ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法: 本: 堀 公俊,加藤 彰
話し合いを、言葉だけが飛び交う「空中戦」から視覚化された枠組みを共有して議論する「地上戦」に変える!

バラバラの発言が飛び交うだけの会議も「描けて見せれば」スッキリ整理できアイデアもどんどん生まれる。キーワードの抽出や要約、グラフィックの描き方から具体的な場面別の活用法まで、人気ビジネススキル=ファシリテーションのコアスキルを体系的に解説する初めての入門書。

▼ミーティングやワークショップを効果的に進行するファシリテーターの必須スタイルを解説する初めての入門書。
▼道具の使い方、話の要約、グラフィックの表現方法、レイアウトなど、必要不可欠なスキルを1冊に集約。
▼会議だけでない多様なシーン別の活用法、進行と記録を両立させる上級テクまで、ファシリテーターの必須スキルを紹介。
▼ファシリテーターが話し合いを進行させながらFGを描くプロセスを徹底研究。
▼実践の参考になる作例も多数収録。


今の職場に移って会議を招集することが多くなった。
会議に出席するメンバーは私よりも年長の管理職が多い。
その場をどのようにしてまとめるか・・・。

そのときの上司にまず言われたのが「ホワイトボード」を使うことだった。
会議の始まる前に「ホワイトボード」に目的や前提事項、決めたいことなどを書いておく。それだけで気が少し楽になった。実際、話が本筋を外れることが少なくなり、ずれたとしても書くことで修正できた。
司会をしながら書くことによって参加者の意思をまとめながら話を進めることができる。

今では「ホワイトボード」無しの会議は考えられない私だが、この本には多くの学ぶことがあった。(なにせ、自分のはかなり自己流だったので・・・)

この本には会議での「ホワイトボード」テクニックが満載されている。
ちょっとしたチップスも役に立つことが多かった。

「ホワイトボード」を使っていていつも困るのは、色が出ないマーカーだ。あれって、誰も捨てないんだよね。だから、次の人も同じことを繰り返す。なるほど、私も次からは捨てちゃおう。
後は、Myマーカーを準備するのは確かにスマートかも・・・。




ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法
ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法堀 公俊 加藤 彰


おすすめ平均 star
star今日から使える極意が満載!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファシリテーション入門
4532110262堀 公俊

日本経済新聞社 2004-07
売り上げランキング : 7448

おすすめ平均star
star簡単に読めて、ファシリテーションの大略が分かりました。
star入門時に読み、実践しては繰り返し読む良書
star初めての人に良い?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

記事一覧
最新コメント
ログ(月別)
ドリコムRSS

アクセスカウンター

ビジネスマンのお供に!携帯用上着ハンガーブリティッシュハンガー
【紹介記事はこちら】

自己実現寺の本棚
自己実現寺で紹介した本、これから紹介する本を一覧できます。

Amazonランキング
Amazonでの売れ筋をチェック!!
すばやく検索!!

人気blogランキング
↑人気ブログへのリンクあり!!
1日1回のクリックが
力になります!! 御支援乞う!!

自己実現寺へのmail
最近購入した本
最近購入した本はこちらをクリック。簡単なコメントもつけています。


お勧め本特集へ


The Secret(引き寄せの法則)関係へ

マニャーナの法則 明日できることを今日やるな
マニャーナの法則 明日できることを今日やるな
ToDoリストを使ってもぜんぜん楽にならないのは何故か? シンプルで革命的な方法。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。
すばらしい本です。モーニングページは私も始めました。こんなに自分がいろいろ書けるとは思わなかった。いろいろな自分に気づける本(ワークブック)です。

たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則
たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則
水口先生の最新刊。短期、長期の時間管理を心理的な内容まで含めて網羅。方法がシンプルなので実行しやすく、お勧めです。

とにかくやってみよう──不安や迷いが自信と行動に変わる思考法
とにかくやってみよう──不安や迷いが自信と行動に変わる思考法
不安を克服するために非常に大きな力になる一冊。不安はどこから来るのか。どのように対応したらよいのか明確に記述されている。

宝くじを買う人は、仕事ができない ~「ダラダラ残業」におさらばする10の力~
宝くじを買う人は、仕事ができない ~「ダラダラ残業」におさらばする10の力~
時間管理を軸に、メールやメモのテクニックまで盛り沢山多くの仕事術が紹介されているが、そのすべてがシンプルであり実行しやすい。また、なぜそうすべきなのかの理由が明確に書かれている。

超カンタン!時間管理術―誰でもできる
挫折しない時間管理術!! GTDをやっていて手段が目的化しまっている方にお勧め。

チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
まさに一時間で読める一生の宝物

書きながら考えるとうまくいく!―プライベート・ライティングの奇跡
これはすごい本です。非常にシンプルで効果的。

成功ノート術―大きな夢をかなえる5つの小さな習慣
新しいことはあまりかかれていませんが、非常にうまくまとまっています。

魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
整理術の決定版です。(1)(2)(3)(4)

夢は、紙に書くと現実になる! (PHP文庫 ヘ 8-1)
夢は、紙に書くと現実になる! (PHP文庫 ヘ 8-1)

痒いところに手が届く本。文庫化されました。

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ
題名のとおりの方はご一読を。

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
正攻法の良書。文庫化されました。

ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術
論理とは何なのか考えつつ、実践的。

すごいやり方
すごいです。目次を机に貼ってます。

すべては「前向き質問」でうまくいく
すべては「前向き質問」でうまくいく
考え方をどう変えるか。わかりやすいです。

ゴール―最速で成果が上がる21ステップ
ブライアン・トレーシーの本の中で一番好きです。

考具―考えるための道具、持っていますか?
考えるための宝箱って感じ。

癒しのスーパー心理術:EB
面白い心理テクニックです。ほぼ万能?

クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法

漫画と解説が異常な?レベルで融合している良書。クリティカルシンキングの入門書。すべての考える人に一冊。

ポイっぽい仙人の「いいこと」が起こり始める不思議なじゅ文
本当にわかりやすい。とっつきやすい本です。
訪問者数

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
あわせて読みたいブログパーツ Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
  • ライブドアブログ